ougonporttitle
もうゴルフなんてやめてやる!

幾度となくそんな風に感じたあなたにとっては、この「黄金のゴルフピラミッド理論」は、きっと役立つでしょう。

行きつくところ、ゴルフがうまくなる、うまくならない、は以下の3つの要素に要約されます。

risougolf
この3つの領域

 

  • M:メンタル、精神

  • P:フィジカル、基礎体力、柔軟性

  • T:テクニカル、技術

のバランスがとれていること・・・

これがあなたにとっての「理想のゴルフ像」ではないでしょうか?

OSゴルフの、「黄金のゴルフピラミッド」とは、このゴルフに必要な3大領域に、もう1つ、重要な要素(呼吸と微笑み)を加え、ピラミッド型にまとめたものです。
pyramidgold
  • 3つの領域がバランスよく保たれ

  • 呼吸と微笑みが3つの領域の架け橋となり

  • 3つの領域の支え、潤滑油の役割を担っている

ピラミッド中心に存在する

  • 「呼吸」は、スイングの安定性につながり、
  • 「微笑み」は、体の可動範囲アップにちながります。
しかし・・・

ほとんどのゴルファーは、下のピラミッドのように

hotonndonogolfer
  • T領域が肥大化し
  • その重みで、M領域、P領域にも負担をかけてしまう。

さらに・・・

 

  • 中心に呼吸、微笑みもないのでピラミッドが不安定

 

になってしまうのです。

もしくは・・・

下のピラミッドのように

hotonndonogolfer2

コース、試合で

  • M領域が不安、雑念で肥大化し
  • T領域、P領域に負担をかけてしまう

 

そして

 

  • 中心に呼吸、微笑みがないのでピラミッドが不安定

 

になってしまうのです。

では、どうすれば「理想のゴルフピラミッド」をつくることができるのでしょうか?

それは、下の図のように

risoupyramid
  • 今のP領域(基礎体力、柔軟性)のままで
  • いかに効率よくT領域(テクニカル)、M領域(メンタル)をバランスよくつくりあげるか

がポイントとなります。

そして、3つの領域を結びつけるのは

「呼吸」そして「微笑み」なのです。

続けて、この「呼吸」「微笑み」について具体的に見てみましょう。